Appreciation

新築内祝いの贈り方|相手の喜ぶ顔をイメージする

親に喜んでもらえる贈り物

結婚する日に贈るものとは

新郎新婦

最近では、結婚式当日に、両親に花束と共に記念品を贈るカップルが多くなっているようです。カップルの誕生に関係するもの両親に今まで育ててくれた感謝の意を目に見える形で伝えるには、自分達が生まれた時を思い出してもらえるような記念品が効果的です。例えば自分が生まれたときの体重と同じ重さの人形(ウエイトドール)を贈ることで、両親に自分の子供であることを改めて実感してもらえます。このような記念品を結婚式で受け取ることで、結婚しても親子の絆は繋がっているという安心感や幸福感を得る方が多いです。さらに結婚式という場で子供が生まれた時の喜びを思い出すことで、嬉しさのあまり感極まってしまう方もいます。もし両親がグルメに興味があるという場合には、人形の代わりにお米(体重米)を選ぶことをお勧めします。二人がその土地で育ったということを強く感じてもらうために、できればカップルが生まれ育った土地のお米を選ぶと良いでしょう。今後の両親の記念となるもの結婚式の記念品では、カップルの思い出をテーマとしたものが定番です。またそうした贈り物は両親に喜んでもらえることが多いですが、一方で両親の今後の人生に焦点を当てたものもあります。例えば、夫婦二人だけの特別な思い出作りをしてもらうには、行き先を選んでもらうタイプの旅行券が挙げられます。結婚式の後に夫婦水入らずの旅行を楽しんでもらえるので、喜んでもらえることが多いです。また今後も仲睦まじく生きて欲しいという思いを込めて、両親の名前を彫った時計もお勧めです。時計を贈ることで、これからも新郎新婦とそれぞれの両親で一緒に時を刻んで生きていこうという気持ちを伝えることが可能になります。

体重にちなんだ品が人気

結婚式

結婚式の記念品として演出効果抜群なのが、生まれた時の体重にちなんだ品です。新郎新婦のかつての体重を再現した記念品は、両親への贈り物として大人気商品となっています。また、結婚式の記念品として多く利用されているのが、例えばぬいぐるみや米俵です。このような記念品に、一工夫を加えて実用性をアップしているのが、近ごろの商品です。米俵型の商品に関しては、中身が食品であるため、受け取った両親がそのまま食べることが出来ます。ぬいぐるみの場合は、ウェイトを調整している中身が1つの問題です。実用性を高める目的で、最近は防災用品などを入れて体重を調整しているアイデア商品がマスコミでも取り上げられ、注目を浴びます。ぬいぐるみについているファスナーを開けると、いざという時に役立つ様々な防災アイテムが入っているのが、このようなタイプです。結婚式の記念品は、思い出に残るものが好まれる反面、実用性も重視されます。両親のような身近な家族に贈る品物に関しても、使い勝手の良い品物はやはり喜ばれます。結婚式の思い出として理想的な条件を備えながら、両親の実生活に役立つような品物が、現在は選べる時代です。自身ではなかなか購入しないような高級夫婦箸や時計、も人気がでています。最近では、新郎新婦のアイデアが詰まった新しいタイプの記念品として、注目されている品です。これらの品は、ネットで簡単に注文することが出来るので、通販サイトで商品を比較しながら、購入を検討しましょう。

贈り物を選ぶコツとは

花嫁

結婚式の最後に両親へ感謝の気持ちを込めた手紙を読み、花束贈呈をするシーンは、参列した人達の涙を誘うとても感動的な演出です。ひと昔前は、両親へ贈るのは花束のみでしたが、最近は花束と一緒に記念品を贈るカップルも増えています。今まで育ててくれた感謝の気持ちを込めて結婚式の記念品を贈る場合、贈り物として相応しくない物があります。結婚式は、これから新しい人生を送る新郎新婦の晴れの舞台です。「切れる」を連想させる包丁やハサミ、「別れる」を連想させるハンカチは結婚式の記念品には相応しくありません。また、緑茶などの日本茶は、弔事に使われる機会が多いので、これも避けたいアイテムの一つです。両親へ贈る結婚式の記念品を選ぶ時は、感謝の気持ちを形として残せる物や、自分たちの出生に関わる物がお勧めです。そこで、両親への記念品としてお勧めのアイテムを3つご紹介します。1つ目は、小さい時の写真や二人の思い出の写真、結婚式の写真をコラージュした写真フレームです。2つ目は、生まれた時の体重と同じ重さの米俵です。同じ体重のぬいぐるみをプレゼントするカップルも多いですが、ぬいぐるみは好みの問題もありますので、後に食べることが出来る米俵がお勧めです。そして3つ目は、結婚式の日付を刻印した時計です。両親の元から巣立ち、新郎新婦や両親がそれぞれの時間を過ごしていきましょうという気持ちを込めて時計を贈ります。このように、これまでの両親への感謝の気持ちと、これから二人で新しい生活を頑張って生きていきますという気持ちを込めて、結婚式の記念品を贈りましょう。