Appreciation

新築内祝いの贈り方|相手の喜ぶ顔をイメージする

カタログギフトなら便利

一般的なマナーとは

男女

新築祝いをいただくと、新築内祝いとしてお返しをすることになります。お祝いをいただいた方の中には、お返しはいらないという方もいらっしゃいますが、それでも感謝の気持ちを伝えるために必要なものです。新築内祝いは、他のお祝いと同様に、いただいた金額の3分の1から半額程度が相場だとされています。新築祝いは、他のお祝いと異なり品物でいただく機会も多いため、金額が分かりにくいこともあります。しかし、そこまで厳密に金額にこだわる必要はありませんので、あくまでも目安として考えましょう。新築内祝いとしてお返しするものとして、特に決まったものはありません。お祝いをいただいた相手の方に合わせて、その方が必要なものや喜んでいただけるようなものをお返ししましょう。ただし、職場などからいただく様な多くの人数を対象にしてお返しするものについては、お菓子などが良いです。分けられるものであり、なおかつ消費できるものとして考えましょう。また、新築内祝いののしは、何度あっても喜ばしいことなので蝶結びになります。最近では様々な場面で使われていますが、カタログギフトは贈る方も受け取る方も便利なものです。特に、それほど親しい付き合いではない場合には好みも分からないことが多いので、カタログギフトがおすすめです。本来の新築内祝いには、自宅のお披露目という意味合いもあるといわれています。お祝いをいただいた方全てを招待することは難しいですが、親しい方を招待してお披露目することも、一つの選択肢になります。

感謝の気持ちを贈る

一軒家

新居に移って落ち着いたら、戴いたお祝いに対してお返しの品を贈りましょう。新築内祝いを贈るタイミングは、転居から1ヶ月以内が最適だといわれています。生活環境が変わってまだまだ慌ただしい時期ではありますが、遅くとも2ヶ月以内には贈りましょう。新築内祝いは、元々新居をお披露目する際にお招きした人に対して振る舞われる品でしたが、近年は戴いたお祝いの品に対するお返しの意味が強くなっています。新築内祝いはお祝いをくれた方への感謝の気持ちを伝える大切な品なので、心を込めて準備しましょう。同僚や友人であれば、消え物であるお菓子や雑貨などの消耗品が喜ばれます。戴いたお祝いの半額程度を目安にすると良いでしょう。親友や親族といった身近な人であれば、お祝いの金額も大きかったはずです。食べ物や雑貨など何を贈るにしても、普段自分のためには購入しないような、少し高級な品を選びましょう。両親や兄弟、近しい親族に対する新築内祝いは、無理のない範囲で選ぶことが大切です。近しい人から戴いた物は、ただのお祝いではなく援助や激励の意味が込められているので、律儀にきっちりと半額分のお返しをする必要はありません。ブランド物の高級品よりも、お相手の好みの品や思い出の品など、心を込めた贈り物を選ぶことが一番です。注意しなければならないのが、上司や目上の人に対するお返しの品です。お返しとしては、商品券や現金といった選択肢もありますが、目上の人に金品を贈ることは失礼にあたるので気をつけましょう。

新築祝いのお返しについて

ファミリー

新居に移ったときに親戚や知人などから新築祝いをいただくことがあります。新築祝いをいただいたのなら、お返しに新築内祝いを贈ります。ここでは気になる新築内祝いの相場についてご説明します。一般的に、内祝いというのはいただいたお祝いの品の3分の1から半分の金額のものが相場だといわれています。新築内祝いも同じように、いただいた新築祝いの3分の1から半分ぐらいの金額のものをお返しするのがマナーと考えて良いでしょう。新築祝いとしていただいた品をインターネットで検索するなどして、だいたいの金額について把握してから、新築内祝いに何を贈ったらよいのか考えてみましょう。ここで一つ気を付けたいことがあります。それは、すべてのお祝いに対して必ずお返しをしなくてはいけないわけではないということです。例えば、両親や親戚など身近な関係の人からは高価な新築祝いをいただくこともあります。このような場合には、必ずしも3分の1から半分の額のお返しということにこだわらなくてもかまいません。その気持ちをありがたくいただいて、感謝の思いを伝えるようにしましょう。また、このような時には新居に招いて心のこもった料理などでおもてなしをする「お披露目」をするのもおすすめです。いただいたお祝いを新居の目立つ場所に飾っておけば、感謝の気持ちも伝わり喜んでもらうことができます。遠距離などの理由があって、どうしても「お披露目」をすることができない場合には、新居の様子が分かるような写真を撮影して、思いを込めたお礼状を添えて送るようにしましょう。